未分類

ピアノ初心者でも上手くなるには

みなさん、こんにちはyutoです!実はぼくは長い間ピアノをやっていまして、学生の頃全国大会に出たこともある実力なんです。

この記事を見にきているあなたはピアノを始めたいという方ですよね?ということで今回は初心者の方に徹底解説し、ピアノ入門をうまくできるように指導していきます。

<スポンサードリンク>

1.ピアノ入門編

まずはピアノがどういった年齢から始められるか見ていきましょう。また、さまざまな知識をつけておきましょう。

1-1ピアノは大人からでも弾けるの?

基本的に大人からも始めても全然大丈夫です。ですが、全国大会など、実績を求めているのであれば学習能力が高い子供の方が有利かもしれません。しかし、自分が習っている頃は大人からも習い始めた方も中にはいました。その方はとても熱心で今では非常にうまい方です。
といった感じであまり年齢は関係ないと思いますが、それはやはり努力次第なのでやる気がやはり大事です。

1-2 練習時間は?

基本的に僕は30分の時もあれば1時間の時もありましたね、個人的には時間も大事だと思いますがいかに内容の濃い練習をするかによるかなと思います。
僕は発表会が近くても30分くらいの時もありました。具体的にどういった練習をすればいいか説明します。

<スポンサードリンク>

2.練習内容

基本的に指の体操的なものを最初にやります。なぜかというとまずこれをやらなければ指がなかなか回らなく、器用に動かせないからです。これを極めると器用な指を操ることができます。

2-1 ハノン

ピアノ界ではかなり有名なハノンです。
写真

800円ほどから購入できます。ピアノを始めるにおいて必須楽譜ですので購入しましょう。具体的な内容としてはまず普通のリズムでゆっくりに弾きます。そのあと、フテンと呼ばれるリズムを使って弾きます。そのあと自分が速いと感じるテンポで弾きます。指の体操は基本的にこれでOKなのです。
購入する方はこちらから

https://webshop.yamahamusic.jp/domestic/products/detail.php?jan=4514142000232

ハノンの動画はこちら

https://youtu.be/sxic6Yo1bIg

3. 練習曲

流行りのこの曲を早く弾けるようになりたい。その気持ちはわかりますがPOPはリズム感がとりにくいです。まずはクラシック曲をある程度弾けるようになってからPOPに移ることをおすすめします。

なぜかというと、クラシックからPOPに切り替えるのは簡単ですが、POPからクラシックにはなかなか行けないのです。某有名アーティストもクラシックから始めた方がほとんどです。少しでもいいのでクラシックを始めましょう。

おすすめなクラシック曲集としましてはやはりブルグミュラーではないでしょうか?非常に有名でピアノをやっている方のほとんどはこれをされてると思います。全部やる必要はありませんのでYouTubeなので聞いて、気に入った曲などを弾きましょう。

ブルグミュラーの楽譜はこちらhttps://product.rakuten.co.jp/product/-/2138e3d4920943437924756e38426395/

YouTubeはこちらhttps://youtu.be/FWsNK7M9uuc

 

4.ピアノは何を買えばいいの?

4-1 キーボード

キーボードは非常に安く手に入りますので手を出しやすいんですよね。やってみたい方はキーボードをやって、やりたくなってまればピアノを買えばいいですからお試し感覚でやるのはありです。キーボードをずっとやるのも全然ありだと思います。やはりコスパには勝てませんよね笑。

ただ、弱点としては強弱がつけられないことです。ピアノは強弱で曲を表現しますからそれが欠けるとなると厳しいですね。ただPOPを練習したいだけなどの方はこちらがおすすめですね。

4-2 グランドピアノ

高すぎる。場所を取りすぎる、かなり弱点のあるグランドピアノですが、やはり音質や響きはものすごいです。とはいえ、あまり広くない家でやっても響きません。

それに、マンションなどの方は防音対策もしておかなければなりませんね。莫大な予算でピアノを本気でやる方には向いていると思います。

4-3 アップライトピアノ

本格的に始めたい方にはぴったりです。場所もグランドピアノほども取りませんし非常にいいです。価格もピアノ界からすると普通な方です。防音対策も壁が薄すぎなければあまり必要ないかなと思います。

実は僕もこのピアノを今も使用しています。非常にいいと思います。

ピアノを安く買うには?

やはりピアノを買うとなると莫大なお金が必要になります。先程紹介したキーボードではあまりお金は取りませんが、やはり本格的に始めるとなると中古がいいのでは?と思います。黄ばんでいたりすると汚くやはりやる気が無くなりますので綺麗にしっかりと手入れをされているか確かめて購入しましょう。

購入前に新品といくら違うのかもしっかりと計算しましょう。人生の友となるピアノ選びはピアノ人生においてかなり重要となります。

ピアノを二台なんて買えないですからね。

5. 基礎知識はやはり必要?

必要です。ドレミファソラシドや、♯♭、強弱記号は最低限覚えておきましょう。

5-1 覚え方は?

自分でカードを作りましょう。カードの表に記号を書きます。めくって答えましょう。とっさに記号が頭に出てこないとピアノを諦める原因になりかねませんのでまずは必ず基礎知識はつけましょう。難しいことなんてやりながら覚えればいいんですよ。

5-2 絶対音感は必要?

必要ではないです。僕は少し絶対音感がありますが特に活かせていません笑。耳コピなどには相対音感(後からでも身につけられるもの)があればOKなのでピアノはやはり才能ではなく努力ですね!

6. ピアノが上手くなるには?

ピアノが上手くなる方法は、まず効率の良い練習が必要です。ハノンは何回弾くのか、今週、今月はどのくらいまで弾けるようになるのか目標を決めたりし、モチベーションが長く続くよう発表会に参加するのも非常に良い挑戦だと思います。

6-1 鍵盤が重くて弾けない

鍵盤が重くて弾けないという方はかなりいらっしゃいます。まず、自分の座っているイスがちょうどいい高さなのか、確認してください。
まずは自分が楽に弾ける高さを見つけましょう。
それでも重ければ、おもりを使った練習をしましょう。
おもりは、ピアノ専用にある画像のような指のおもりです。
おもりの重みで指が下に沈みます。不思議なことにこれで練習すると次第に楽々に弾けるようになってしまうんです。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか?まずは練習法、基礎知識、どういった曲を弾くかよく考えてからピアノは購入しましょう。

ピアノはたいへん高級ですからちょちょっと決めてあとで後悔しますよ。まずはお店、店員さんの話をよく聞いてから中古で買ったり新品が良ければ新品を買いましょう。以上です。

 

 

 

<スポンサードリンク>